人気ブログランキング | 話題のタグを見る
http://www.hoshusokuhou.com/archives/31409369.html

153:本当にあった怖い名無し:2012/05/17(木) 18:51:54.46 ID:mOgNghLjO
88年、民団青年部が発行した「アボジ聞かせてあの百の事を」という本知ってる?

在日一世にどうやって日本に来たか?というアンケートの結果が掲載されてる
約1500人の一世に実施

その結果、強制連行また強制的に連れてこられたと答えた人は一人もいないんだよね

あれ?おかしいよね?在日はみんな強制連行されたんじゃないの?
それが在日側の主張だったはずだ

朝鮮総連は80万か800万強制連行されたと過去に発言してますよ?
約1500人だが、一人もいないってのはおかしい話だよ


154:本当にあった怖い名無し:2012/05/17(木) 18:57:28.50 ID:mOgNghLjO
アボジ聞かせてあの日の事は、検索すりゃ嫌でも出てくるぞ

ソースは?とかドヤ顔で言うなよw



*補足
在日コリアンの来歴 (要点版)
http://satehate.exblog.jp/16807977/


在日コリアン1世のほとんどが強制連行(徴用)と関係ないことは
彼ら自身の調査で明らかです。

アンケート調査実施の概要
1.調査の対象 在日韓国人で1910年~45年の間に日本に渡航してきた者
(ただし、渡航時に満12歳未満の者は除く)
2.調査の時期 1982年10月25日~1983年1月15日
3.調査の方法 国民登録台帳をもとに各地方に居住する在日朝鮮人の人数に
ほぼ比例するように調査票を割り当て、訪問面接による聴取を行なった。  
アンケート回収数 1106名

これによると、大部分は本人の自発的な意思で渡日したもので、

いわゆる"強制連行"が原因で日本に住みついた人は
全体の13.3%しかいないことが分かります。

しかし早い時期に渡日した人はすでに亡くなっていること、
また家族の一員として渡って来た12歳未満の子供は含まれていないので
割合はこれより下がります。

さらに戦後渡ってきた者(密航?)を含めるとさらに低下します。

上記資料の分析で徴用(強制連行)数に疑問を呈しています。
どうやら本当の強制連行者はさらに少なくなるようだ。

「韓国・朝鮮と日本人」 若槻泰雄 89 原書房 
(グラフは「アボジ聞かせて あの日のことを -我々の歴史を取り戻す運動報告書-」より)

かつて朝鮮人学校で父母の来日動機を調査したところ、
『朝鮮では食えないから渡航して来た』という回答がほとんどで、
『強制連行』と答えたのは一人しかいなかったので困惑したという報告があるそうだが
(田端元「好太王から朝鮮滅亡後まで」十六)、さもありなんという気がする。




215 名前: ぢぢ 投稿日: 2000/06/10(土) 19:19
さて、鮮人の書いたなんとも珍妙な本の話をしておこうかの。
なんという題ぢゃったかの、たしか「朝鮮人強制連行の記録」といったかの。
(朴慶植著 未来社刊)

これが出たのが昭和40年のことぢゃ。

中身はなんのことはない、戦中の徴用動員で鮮人が数多く内地に動員されたことを
少々誇張して書いておるのぢゃが、書いていないこともあっての、
当時は鮮人は日本国民ぢゃて、別に鮮人だけが徴用されたわけのものではない、
日本人みんなが兵役やら徴用やらでお国のために働いておったということぢゃ。 

前にも言うたがの、徴用で来た鮮人はたしかにおったし、数もおおかったのぢゃが、
これらはみな戦後の間もないうちにさっさと帰国しおったでの。

後に残ったのは、戦前から来ておるものか、斡旋で来て家族を呼び寄せたものか、
徴用で来てもあまり大きな声ではいえぬ事情で帰れなくなったものぢゃて。


また、いったん帰国してから食い詰めて舞い戻ったものも少ない数ではないのぢゃ。
戦後しばらくは炭坑などでは人手が不足しておったでの。戻っても働き口はあったのぢゃ。

細かいことを言い出せば、この連中は密入国ということになるの。

なにやらの調査では、在日鮮人の一世の1割と少々が、
斡旋やら徴用動員できたものとなっておるらしいがの、
戦後のどさくさに密航してきたものも、ここに入っておることぢゃろうて。
(在日本大韓民国青年会中央本部刊 「アボジ聞かせて あの日のことを」 1988) 


216 名前: つづきぢゃ 投稿日: 2000/06/10(土) 19:20
まさか、正直に密航してきたとも言えんぢゃろうからの。
そもそも、強制連行などという言葉はこの本がこしらえた言葉ぢゃよ。

この後、繰り返して鮮人どもが使うようになったがの。
何を妙なことを言い出すかと思ったがの、結局は、鮮人が
日本に居残るための言い訳を考えはじめおったのぢゃろうて。

ぢゃが、昭和も40年頃になると、戦前戦中のことなど知らん連中が
高校生やら大学生くらいの年頃になっておったで、この連中がすっかりとだまされての、
なんと無理やり連れてこられて、国に返してもらえんとは気の毒にと思い込んだものぢゃ。

まだまだ、日本を目指して経済難民がやってくるようになる遥か前のことぢゃ、
日本人は残留孤児のように凄惨な境遇のものを除けばみな外地から引き揚げてきたで、

鮮人が帰国せんのには、なにやら悲惨な事情があるのぢゃろうと考えるものが
おおかったでの。

なにしろ、戦後生まれの連中はの、
鮮人が日本国民であったころの本当の姿を見ておらんで、

鮮人どもは、まんまと「気の毒なひとたち」「かわいそうなひとたち」という印象を
売り込んだのぢゃ。

なんと言うたかの、団塊世代と後に呼ばれることになった連中ぢゃよ。
これがまた、あれこれと騒動をおこすのぢゃ。

それにな、言葉もまだ少々不自由な在日鮮人の一世にくらべて、
この代の鮮人はもう外見上は日本人ぢゃで、同じ日本人が差別されておるとも
見られるようになってきたのぢゃの。
http://satehate.exblog.jp/16807977/
# by natura1124 | 2013-09-01 18:31 | 在日特権
# by natura1124 | 2013-09-01 01:13 | 多文化共生
http://juche.v.wol.ne.jp/news/j120115.htmキムジョンウン最高司令官の生誕と就任を祝賀して
チュチェ思想研究セミナーと祝賀パーティーが沖縄で開催される

 キムジョンウン朝鮮人民軍最高司令官の生誕と就任を祝賀し、
1月8日、「チュチェ思想と世界の自主化に関するセミナー」およびパーティーが、

沖縄で開催された。  

沖縄の各界人士と全国各地のチュチェ思想研究者約120名が参加した。

 ■「チュチェ思想と世界の自主化に関するセミナー」

日本チュチェ思想研究会全国連絡の主催により、
「チュチェ思想と世界の自主化に関するセミナー」が、沖縄県立博物館・美術館でおこなわれた。

セミナーは、同研究会事務局長の花輪不二男氏と
全駐労マリン支部元委員長の仲里修氏の司会で進行した。

冒頭、キムジョンイル朝鮮労働党総書記急逝に哀悼の意を表し、
参加者全員による黙祷がおこなわれた。


花輪氏は開会のあいさつで、全国と地元のチュチェ思想研究者に謝意を表しながら、
このセミナーの重要性について述べた。

 セミナーでは最初に、訪朝し総書記の霊前に弔意を表した
チュチェ思想研究者による「キムジョンイル総書記・永訣の日に」と題する詩の朗読がおこなわれた。
 セミナーでは、3氏による報告がおこなわれた。
 
チュチェ思想研究会全国連絡会会長を務める佐久川政一・沖縄大学名誉教授は、」
「米帝の支配をなくし平和な沖縄を」と題して報告をおこなった。

以下略
(転載です)

中国共産党の犯罪:チベットへの侵略と虐殺

■有史以来一貫して独立国であったチベット
チベットには約2100年の歴史がある。
とはいえ始めの数百年は神話と史実の境界が曖昧なので、
チベットの歴史はソンツェン・ガンポが仏教に基礎をおく
王国を築いた7世紀から語られることが一般的である。

中国では唐王朝が栄えた時代だ。

あろうことか中国では唐代よりチベットは中国の一部分であったという、
それこそチベットの全歴史を否定するような歪曲を行っているが、
西暦763年にチベットは唐の首都長安を占領し、
一時的に唐はチベットの朝貢国になったこともある。

今日まで続くダライラマ制度は17世紀に始まったもので、
それ以来ダライラマは転生を繰り返して現在では14世に至っている。
一般的な歴史観ではチベットは1727年に清朝の支配下に入ったとされる

しかし実際にはラサに駐蔵大臣2人を置いていただけで、
現代で言う大使館を開設していたに過ぎない。

チベットは英領インドと国境条約を結ぶなど
一貫して独立国家として主権を行使してきた。

20世紀前半当時、チベットは日本、中国、タイと並んで
欧米の植民地化を免れたアジアでも数少ない独立国家のひとつであった。

■中国共産党のチベット侵略戦争
1950年10月7日、中共軍がチベット東部へと侵略戦争を開始した。

チベット国境警備隊と現地の義勇軍が抵抗したものの、
武器・人員ともに圧倒的な中共軍を相手に退却を余儀なくされた。

そもそも中共軍は100万の軍勢を有している一方で、チベット軍は8500人に過ぎない。
始めから軍事力による勝敗は見えていた。

1951年5月、北京でチベットと中国との交渉が行われた。
チベットから北京に派遣された代表2人は交渉に赴いただけで、
チベット政府から条約を締結する権利を与えられていなかった。

だが中共の脅迫により強引に署名させられてしまった。
こうして1951年5月23日、チベットの平和解放に関する十七か条協定が締結された。

■チベットが中華人民共和国の支配下に入ると早速チベット人と中国人の摩擦が激化した。

当時人口7万人のラサに2万人以上の人民解放軍が進駐し、
ラサ市民は住宅と食料の提供を強制され、
瞬く間に食糧難と猛烈なインフレがラサを直撃した。

チベットと中国を結ぶ道路建設には大量のチベット人が
無報酬で強制労働をさせられ、数千人の命が奪われた。

また、中国共産党はチベットの青少年に、チベットの宗教、
文化、習慣を侮辱し、共産党を賛美する教育を強制した。

チベット人の不満が日増しに高まる中、ダライラマ法王は1954年、北京を訪問し、
毛沢東、周恩来、劉少奇、朱徳らと会談した。

このときダライラマ法王は一筋の希望を見出し、
中国との協調も本気で考えるようになったという。

だがその後にチベットでは、
人類がかつて経験したことがないような悲劇に直面するようになる。

■チベットへの弾圧強化

中国共産党の悪政、度重なる条約違反にチベット人の怒りは頂点に達していた。
1958年以降、東チベットではカンパ族を中心に反乱が続発、
これに対し中共軍は見せしめのため、何千という寺院や町を砲撃や爆撃で破壊、
寺院の仏像や経典を容赦なく略奪した。

東チベットのいたるところで中共軍による虐殺が行われた。
以下に『中国はいかにチベットを侵略したか』から引用しよう。

「妻、娘、尼僧たちは繰り返し強姦されまくった。
特に尊敬されている僧たちは狙いうちにされ、尼僧と性交を強いられたりもした。

ある僧院は馬小屋にされ、僧たちはそこに連行されてきた売春婦との性交を強いられた。
拒否した僧のあるものは腕を叩き切られ、「仏陀に腕を返してもらえ」と嘲笑された。

大勢のチベット人は、手足を切断され、首を切り落とされ、焼かれ、
熱湯を浴びせられ、馬や車で引きずり殺されていった。

アムドでは高僧たちが散々殴打されて穴に放り込まれ、
村人はそのうえに小便をかけるように命じられた。

さらに高僧たちは
「霊力で穴から飛び上がって見せろ」と中共兵に嘲られ、
挙句に全員射殺された。

おびえる子供たちの目の前で両親は頭をぶち抜かれ、
大勢の少年少女が家から追われて中共の学校や孤児院に強制収容されていった。

貴重な仏像は冒涜され、その場で叩き壊されたり、中国本土へ持ち去られていったりした。

経典類はトイレットペーパーにされた。
僧院は馬や豚小屋にされるか、リタン僧院のように跡形もなく破壊されてしまった。

リタン省長は村人の見守る中で拷問され、射殺された。
何千人もの村民は強制労働に駆り出されそのまま行方不明になっていった。
僧院長たちは自分の糞便をむりやり食わされ、
「仏陀はどうしたんだ?」と中共兵に嘲られた」

■ラサ動乱とダライラマ法王の亡命

1959年2月、中共はダライラマ法王を、3月10日に開催される観劇に招待した。
その際、警備をつけないようにという注文をつけた。
法王が拉致されるのではないかという不安が瞬く間にラサ市民の間に広がった。
1959年3月10日、3万人のラサ市民が市の中心部にあるノルブリンガ宮殿に集結、
人々は口々に「チベットに独立を、中国人は帰れ」とシュプレヒコールを叫んだ。
法王は観劇への出席を取りやめることにしたが、
大群衆はノルブリンガを去らなかった。

これに対し中国共産党は軍を増強し、事態は一層緊迫の度を増した。
3月16日、ダライラマ法王はついに決意して、
一般庶民に変装してノルブリンガを脱出し、インドへ亡命した。

3月19日、ついに悲劇は起きた。中共軍はノルブリンガ宮殿に一斉に砲撃を開始。
集中砲火は41時間継続し、宮殿は蜂の巣のように破壊され、
何万人という民衆が虐殺されたのであった。

3月28日にはチベット政府が完全に解散させられ、
チベット自治区準備委員会に統治されることとなったのである。(チベット自治区は1965年に発足した)


その後も中国共産党による残虐行為は絶え間なく続いた。
1959年4月には「民主改革」運動が行われ、ありとあらゆるチベット人が摘発の対象となった。

多くのチベット人が出頭を命ぜられ、投獄、殺害された。
比較的軽いものでも数ヶ月間の洗脳教育を受けさせられた。
以下はダライラマ法王が難民からの報告をもとにまとめたものである。

「彼らは銃殺されたばかりでなく、死ぬまで鞭打たれたり、
はりつけにされたり、生きながら焼かれた。

溺死させられたり、生きたまま解剖されたり、餓死されたものもあった。
絞め殺されたり、首をつって殺されたり、熱湯によるやけどで殺された。

また、あるものは生き埋めにされたり、はらわたを取り除かれたり、
首をきられたりして殺された。こうした殺人行為はいずれも公衆の面前でなされた。

村人たちはそれを見物するように強制された。
自分の家族のものが強制されて見ているその目の前で、
ゆっくりと殺されていったのである。
さらに小さな子供たちは、その両親を射殺するように強制された」

■文化大革命
1966年5月にはチベットにも文化大革命の嵐が吹き荒れた。
8月には紅衛兵の数は1万人に達し、最盛時には十数万に達した。

紅衛兵は「四旧」を打破し、「四新」を建設しようというスローガンの名のもとに、
数少なくなったチベットの寺院、文化施設を徹底的に破壊し、
通りの名称を変更し、個人の家に入り込んで祭壇や
民俗家具などをかたっぱしから壊しまわった。

民族衣装を着ることもペットを飼うことも屋上で香をたくことも、
伝統の模様を描くことも全て禁止された。

宗教文献、写本、彫像などはあとかたもなく破壊された。
チベット語も弾圧の対象となり、会話以外では
ありとあらゆるチベット語の書物、教科書、が廃棄された。

チベット語で印刷されたものといえば毛沢東語録と
共産党の宣伝文書ぐらいになってしまった。

全ての僧侶は「反動分子」として扱われ、
罪名を書いた板を首かけられ、市内を引き回された。
チベットのありとあらゆるものが破壊された大混乱の10年間であった。

■総括
1978年から始まった改革開放政策によって、
中国共産党のチベットによる残虐行為は大幅に緩和された。

しかし28年間にわたる中国共産党の支配は、
2000年かけてチベット人が築き上げたものを根本から
徹底的に破壊しつくしてしまった。

6000箇所以上あった寺院はことごとく破壊され、
完全な破壊を免れたのは8箇所であった(それとて全く被害がなかったわけではない)。

虐殺、戦闘、飢餓によって120万人のチベット人が命を失った。
チベットの人口の5分の1に相当する。
(中共侵略前のチベットは貧しくはあったが、
その歴史において飢餓を経験したことがなかった)。

■今でも続く弾圧、文化破壊
改革開放以来、大規模な殺戮はなくなったし、
仏教を信仰することも可能になったし、
破壊された寺院の再建や修復も進んでいる。

それでもチベット人に対する弾圧は依然として続いている。
1989年にはラサでチベット人による大規模なデモが行われ、
これに対し中共軍が数百人のチベット人を虐殺している
(そのときのチベット自治区の共産党書記は胡錦濤である)。

現在でも数千人が政治犯として収容されていると言われている。
ダライラマの写真やチベットの国旗を所持しているだけで
すぐさま摘発の対象となるほど自由は制限されている。

ほかにも子供たちにダライラマ法王の写真を踏み絵さたり、
中国共産党のイデオロギー教育を行うなど
前近代的な植民地支配が継続されている。

2006年10月にヒマラヤ山脈を越えて
インドに亡命しようとしていたチベット人を人民解放軍が
射殺した映像が世界に流れたのは記憶に新しい。

1995年には即位したばかりのパンチェンラマ11世を拉致監禁し、
別のパンチェンラマをたてるという暴挙に出た。

拉致されたゲンドゥン・チューキ・ニマ少年は当時6歳で、
世界最年少の政治犯となった。
ダライラマ法王は亡命から48年間、一度も祖国への帰還を果たしていない。

中国共産党は半世紀以上にわたる残虐行為を認めないどころか、
「かつてのチベットは5%の僧侶及び貴族、地主が、
95%の奴隷を搾取していたが、中国共産党がチベットを平和解放し、
チベットに幸福を繁栄をもたらした」などという
まるで幼児向けのアニメみたいなストーリーを

「歴史」として宣伝しているのだから開いた口が塞がらない。

当然ダライラマ14世のことは分裂主義者、
仏教秩序の破壊者として悪者扱いである
(ダライラマ14世は1989年にノーベル平和賞を受賞している)

近年特に深刻なのは大量の中国人がチベットに入植していることである。

もともとチベットの一部分であった青海省は今や中国人が多数派となっている
。チベット自治区では今でもチベット人が多数派であるが、2
006年7月の鉄道開通によって今後は自治区内にも
大量の中国人が入植することが予想される。

大規模な虐殺や破壊はなくなったが、
今でも中国共産党によるチベット文化の破壊は着々と進んでいる。

50年代から70年代にかけてチベット文化は徹底的に破壊されたが、
さらに80年代にかけてチベットの中国化が強化されている。

ラサ市街は今や社会主義国らしい地味な5階建てのコンクリート建築が並び、
チベットらしさが失われてしまった。
道路には北京路、福建路、解放路などの中国的な名称がつけられている。

今回は「中国共産党の犯罪」という連載記事の一部として
チベット問題を取り上げた。

なるべく多くの方に読んでもらうためにも、あまり長文になり過ぎないように、
中共のチベット侵略史をコンパクトにまとめるよう努めたつもりであるが、
凝縮しすぎたために、十分には伝えきれていないかもしれない。

にも拘らず字数は4500字を超えている。
中共のチベットへの残虐行為がいかに膨大なものかを示しているといえよう。

------------
以上フェイスブック上の記事より転載させていただきました
# by natura1124 | 2013-09-01 00:09 | 歴史