人気ブログランキング | 話題のタグを見る

昭和20年8月13日 小山克事件

今日8月13日は、日本人が決して忘れることがあってはならない日の一つです。

昭和20年8月13日 小山克事件が起こります。

ソ連による一方的な条約破棄と戦線布告による満州侵攻が引き金となり
満州国吉林省で南満州鉄道京図線が九台駅と吉林駅の間の小山克で武装した暴民に襲われ、
日本人避難民が強姦・虐殺され集団自決した事件が起ったのであります。
 
およそ中国人は現在まで南京のことを声高に叫びます。しかしそれは正しい検証が行われたわけではない。ところがこの事件は史実なのであります。

このことを決して風化させてはならない、忘れてはならないのであります。

昭和20年8月8日 ソ連は日ソ不可侵条約を一方的に破棄。対日宣戦布告します。
その数十分後の8月9日未明には突如としてソ連軍が満洲国に侵攻したのであります。

満州国を守る関東軍は南方戦線に兵力を抽出されたため弱体化しており、
総司令部を新京から南満州の通化に移して満州南部と朝鮮半島を最終防衛ラインとして
ソ連軍の侵攻を食い止める作戦行動に移ります。 
8月10日正午前には関東軍により避難民の移送を決定します。

第一列車は8月11日午前1時40分出発。約38,000人が18本の避難列車で移送されます。
8月13日には、満州国皇室は新京から南満州の臨江を目指して特別列車で脱出することとなり、
午前1時50分に満州国皇室一行490名を載せた特別列車は新京を出発します。
そして、特別列車に次いで14時10分に出発した2番列車が事件に巻き込まれることになるのです。

新京を出発した避難列車が九台駅に到着すると鎌などで武装した暴民たちが待ち構えていました。

列車警備の満人鉄道公安官達は、避難民に暴力が振るわれない限りにおいて
暴民の狼藉を黙認したため、暴民達は客車に乱入して避難民から金品を奪っていきます。

その後、九台駅を出発した列車はいくつかの小さな駅を停車することなく素通りし、
夕刻に吉林盆地に抜ける小山克トンネルに差し掛かかります。
 
ここで小銃で武装した暴民たちが線路を焼き払い待ち構えており、ここで悲劇を迎えることになります。

列車がやむなく停止すると、暴民たちは客車になだれ込み、
鉄道公安官の拳銃を奪い取るとともに縛り上げてしまいます。

そして、暴民たちは日本女性たちを車外に連れ出して輪姦しだしたのであります。

暴民たちは抵抗するものは射殺し。
女性が抱いている赤ん坊たちは窓から放り投げて殺害。

このため、100人以上の日本人女性たちが崖から谷底に飛び降りて自決してしまうのであります。

避難民たちは、事件を知らせるために次々と使者を送りだしますが、
暴民たちによってトンネルにたどりつく前に射殺されていきます。

唯一、谷底に転落した13歳の少女だけが負傷しながらも5キロ先の駅にたどり着いて
事件を知らせることができたのであります。

知らせを受けた関東軍第一方面軍所属の吉林駐屯中の松下部隊から池内少佐率いる
一個大隊600名が列車で派遣され、8月14日午前5時半ごろに事件現場に到着。

日本女性を抱きながら眠り込んでいた暴民たちは、日本軍の到着を知るや否や、
逃走を試みるか女性たちを楯に立てこもったわけです。

しかし、日本軍によって次々に射殺され、射殺を免れたものたちも皆捕縛されます。

日本軍は暴民を鎮圧すると、直ちに線路を復旧し、列車は通化に到着。

避難民たちは通化の避難民収容所に収容されましたが、再び通化事件に巻き込まれることになります。

*史実を正しく認識をし、後世に伝えることが大切です。領土の問題や
日本人としての生き方が今問われています。

忘れることがあってはいけない日。8月13日はそういう日なのです。
by natura1124 | 2013-08-13 14:31 | 歴史